設立の目的等

2013-08-19 10:39:25更新   
■ 設立の目的

優良種畜の効率的な作出利用による家畜の改良の促進を図るとともに、併せて家畜の個体識別の推進を図り、もって畜産の振興に寄与すること。


■ 設立年月日

昭和40年8月1日 財団法人 家畜改良事業団
昭和46年8月23日 社団法人 家畜改良事業団(財団法人 家畜改良事業団を包括継承)
平成25年4月1日 一般社団法人 家畜改良事業団(特例民法法人から移行)


■ 事業内容

1.計画交配による候補種雄畜の作出及び後代検定による優良種雄畜の選抜を行うこと。

2.人工授精用精液及び受精卵を生産または購入し、これを配布すること。

3.家畜の改良および繁殖に必要な動物用医薬品を購入し、これを配布すること。

4.家畜の能力検定および検定成績をとりまとめること。

5.家畜その他の動植物及び畜産物その他の農林水産物の遺伝子型検査を行うこと。

6.家畜の改良に関する調査研究および普及を行うこと。

7.家畜個体識別の推進を行うこと。

8.その他、事業団の目的を達成するために必要な事業。



■ 定 款