JP5H58096 K ホツトロード パリス ET

2022-08-12 13:52:45更新   
【血統】

 Sire:グレンデイーヘイブン アルタホツトロツド

 Dam:ランソムレイル FACEBK パリス ET

     MGS:マーブリ フエイスブツク ET

     MGM:ウエルカム マツク ペイタン ET
 
 【抜群の肢蹄改良力と抜群の耐久性&繁殖性に優れた種雄牛】

 パリスは2022-2月評価において、NTP+2,324(第10位)で選抜されました。本牛は、世界的著名な「ゴールドウイン ペニア」ファミリーから、当団の受精卵活用事業により岩手県の小岩井農場にて生産されました。母 ランソムレイル FACEBK パリス ETは機能的な体型と長命性に秀でた特徴を持っており、この母に高能力&高体型のアルタホツトロツドを交配し作出されたのが本牛です。パリスは産乳形質と機能的な体型を持ち合わせ、さらにゲノミック評価が極めて高かったためヤングサイアーとして早くから利用されました。また、同じ受精卵から生産された全姉妹の2頭もNTP上位にランキングしており、小岩井農場にも多くの後継牛を残しています。
 パリスの特徴は産乳成分、耐久性成分、疾病繁殖成分が何れもハイレベルでバランスに優れた点です。乳量は高乳量でありながら、乳成分率はオールプラスと高い改良力を示しております。耐久性成分に優れ、特に肢蹄においてトップクラスの改良力を有し、理想的な尻の構造と底面の高い乳房は魅力満点です。加えて、空胎日数と在群能力でも上位に位置し、暑熱耐性にも優れるなど繁殖性や長命性にも際立っております。
 各形質でトップクラスの能力を持つパリスは、様々な要望に応えることができる唯一無二の種雄牛です。