JP5H55329 イーグルヒル PN ラストシヨー ET

2015-11-20 19:05:56更新   
イーグルヒル PN ラストシヨー ET
【血統】

 Sire : エンセナダ タブ- プラネツト ET

 Dam: -ニングビユ- オ-マン アンネツト ET

     MGS: オ-ビ- マンフレツド ジヤステイス ET

     MGM: モ-ニングビユ- エムトト エイプリル



【名血コンバース ジユデイ・ファミリーから高い経済性を持つ種雄牛】



 2015-2月の評価成績で、NTP+2,427の第29位で選抜されたラストシヨーは、アメリカ・アイオワ州にあるモーニングビュー牧場のコンバース ジユデイ・ファミリーの代表牛、モーニングビユー オーマン アンネツト ETにプラネツトを交配し、受精卵活用事業により厚岸郡浜中町の高岡牧場で生産されました。
 ラストシヨーの母アンネツトは、2007年8月のCTPI評価において全米第10位の成績を残しており、2才時に15,000kgを超える乳量と、F 730kg 4.7%、Pro 547kg 3.5%の高い乳成分に加え、3才時VG-87という優れた体型を持ち合わせています。このファミリーの始祖牛となったモーニングビユー コンバース ジユデイ(EX-93)は、モーニングビュー牧場を一躍有名にした雌牛で、高能力で好体型を有したことから北米でも人気を博し、今もなお繁栄を続けるファミリーとなりました。わが国においても、コンバース ジユデイの曾孫娘のエンドレス ジユエル ET(ガーター)からジアンビ(JP3H53655)が選抜されていることからもわかるように、このファミリーの遺伝能力の高さが証明されています。
 ラストシヨーの評価成績で特に目を引くのが、長命連産効果(+90,487円)です。長命連産効果が高いラストシヨーは、泌乳能力、体型、ボディコンディションスコア(BCS)、体細胞スコア(SCS)といった生産寿命に関する形質をバランスよく改良できる種雄牛であるといえます。さらに、乳代効果も10万円を超えていることから高い収益性が期待できるとともに、泌乳持続性の高さも魅力的です。
 娘牛は、好ましい尻の構造に、機能的で幅の広く付着の強い乳器が特徴的です。サイズは中程度で、安産傾向にあることも特筆されます。