JP5H57864 プラスフジ プレジデント ET

2022-03-02 08:41:55更新   
【血統】

 Sire:シーガルベイ シルバー ET

 Dam:プラスフジ マツセイ メイ ET

     MGS:コープ ボスサイド マツセイ ET

     MGM:サリー ハートフオード SNWMN 284 ET
 
 【数々の種雄牛を輩出した「シヨトル メイ」ファミリーから誕生!】
 プレジデントは2021-8月評価において、NTP+2,583(第4位)で選抜されました。母系は数々の種雄牛や高能力娘牛を輩出した「シヨトル メイ」ファミリーです。このファミリーの特徴は高能力かつ機能的な体型を有し、管理形質にも優れる点です。プレジデントの母であるプラスフジ マツセイ メイ ETはこのファミリーの代表牛であるサリー ハートフオード SNWMN 284 ETにマツセイを交配し当団の受精卵活用事業において加藤牧場で生産されました。マツセイ メイはファミリーの特徴を着実に引き継いでおり、国内でもハイゲノムの娘牛を多数輩出し続けています。このマツセイ メイにシルバーを交配して作出されたのがプレジデントです。プレジデントには2頭の姉と2頭の妹がおり、いずれもゲノミック評価が高かったため、プレジデントは早くからヤングサイアとして人気が高く、期待通りの結果で検定済種雄牛として選抜されました。
 プレジデントは乳量が中程度であり、乳成分率もオールプラスと優れた改良力を有しております。特に乳脂肪量並びに乳脂肪率が高く、乳成分の改良を確実に進めることができます。また、体型面においては、線形通りサイズ中程度で胸の幅や鋭角性に優れた娘牛が多く見られ、加えて理想的な後肢構造と後乳房の高さや幅にも特長があります。管理形質では、産子難産率が低く未経産牛へ交配可能です。また、気質や在群能力に優れている点も魅力的です。