乳牛の改良をめぐる動きと課題
―世界の潮流と日本の現状―

理事長浅野 九郎治


いま、家畜改良が問われている

 我が国の酪農は世界でも類を見ない急速な発展を遂げてきたが、近年規模拡大のテンポが減速し、成熟段階に入りつつある。もとより規模拡大は今後も必要であるが、従前のような高いペースは望めないと考えられる。
 先般の(社)中央酪農会議のアンケート調査によれば約8割の農家が、「牛舎は満杯となり増頭は困難」と答えており、「これからは1頭当たり乳量の増加、そして改良」という答がトップを占めている。乳量増加要因の1つとして濃厚飼料の多給があげられるが、これは今や乳牛の生理の面から限界に近づいており、中・長期の酪農経済を考えて農家所得の向上、生産コストを低減させるためには改良に勝るものはないという声が拡がりつつある。
 また、国際化時代を迎え資源小国の我が国が国際舞台に伍していくためにも、改良分野における技術力が大きく問われている。

乳量増加の8割は改良に起因

 我が国の経産牛1頭当たりの乳量は年々増加傾向にあり、過去20年間に3,000kgの増加となっている。昭和50年から牛群検定事業が実施されたが、当時4,500kgであった平均乳量が、平成9年には7,200kgと増加し、牛群検定参加牛に限れば、5,000kgから8,500kgに増加した。
 乳量増加要因としては、遺伝的改良と飼養管理が考えられる。飼養管理要因には濃厚飼料多給も含まれ、事実、それが大きな要因となって乳量が増加した時期もあったが、最近の10年間は飼養管理効果による増加はわずかとなり、乳量増の8割は遺伝的改良によることが実証されている。
 遺伝的改良は雌牛サイドと雄牛サイドの相乗作用による。昭和50年から実施された牛群検定事業に加え、平成元年から実施された全国的に統一された種雄牛評価による優良種雄牛の選抜・広域利用により、元年を境に乳牛の年間当たりの改良量は10年前の57kgから126kgへと2倍に増大するところとなっている。

検定情報は宝の山

 牛群検定は雌牛群の改良を基本としているが、検定参加牛と非検定牛との乳量を比較してみると、昭和50年の検定開始時には941kgの差であったが、現在では2,000kgと約2倍に開いている(非検定牛1頭当たりの乳量6,500kgに対し、検定牛は8,500kg)。これを乳価(80円/kg)で換算すると1頭当たり粗収入で16万円、所得で8万6千円の差となる。また、生乳生産コストではkg当たり7円の違いとなり、仮に経産牛50頭経営だと、粗収入で800万円、所得で430万円の開きとなる。現在、検定加入率(頭数)は44%であるが、非検定牛全頭が加入し、乳量が増加するとすれば毎年160億円の経済効果を生じ、検定費用を差し引いても130億円の増加となる。
 牛群検定情報は雌牛群の改良情報のみではなく、飼養管理、繁殖や衛生管理さらには生乳生産の動向からF1生産まで、個別経営の診断・改善ばかりか地域酪農の展望にも役立ち、まさに情報の宝の山であり、その多面的な活用が望まれるところである。従って、現在の加入率を、せめて60〜70%の水準まで引き上げたいものである。

国際舞台における乳牛改良の動き

 ホルスタイン種は今や世界に広く普及し、その遺伝資源はグローバル化が進み、自由取引の下で国際競争が激化している。現在、国際機関として「インターブル」があり、ここで各国の種雄牛の遺伝的能力を評価し、1つの物差しによって各国の種雄牛の能力比較が行われている。この国際比較において、最近オランダが他国を抜いて先端を走り始めている。
 オランダは九州と同程度の国土でホルスタイン種の頭数は日本と同じ規模。15〜20年前は乳肉兼用種のダッチフリージアンが主体で、1頭当たりの平均乳量は5,000kgに過ぎなかった。しかし、いち早く乳肉兼用種から乳専用種に切り替え、今日では8,000kg弱に増加している。年当たりの乳牛の改良量を国別に比較してみると、乳量はオランダの142kgが最高で、日本126kg、アメリカ124kgとなっており、乳タンパク質においてもオランダが4.5kgと他を抜いている。
 1998年のアメリカの種雄牛能力評価ランキングにおいてもオランダ産の種雄牛がトップの座を占めるにいたっている。これまでは乳牛の飼養頭数が多く、育種基盤の大きいアメリカが世界の乳牛改良のリーダーシップをとってきたが、最近ではオランダが躍進、頭角を現してきているのが大きな特徴といえる。

オランダの躍進の背景、推進力は

 資源小国のオランダは、先進的な育種改良プログラムと効率的な改良推進体制によって躍進を遂げた。
 まずオランダは牛群検定加入頭数が極めて多い。経産牛107万頭のうち80%が牛群検定に加入している。日本では120万頭のうち44%、アメリカは910万頭のうち49%、カナダは115万頭のうち60%が加入している。
 牛群検定は雌牛の改良はもとより種雄牛づくりの土台であり、雌牛の検定加入頭数が多ければ多いほど効率的な種雄牛づくりが可能となる。オランダでは年間300頭を超える候補種雄牛(日本では185頭)を検定にかけて、この中から20分の1の選抜を行ない、少数精鋭の優良種雄牛の広域利用、計画的交配によって改良の実績を上げている。
 また、酪農家はもとより改良関係機関、団体など、取り組む人たちの改良意識が極めて高い。オランダの酪農は300年の歴史があるが、14〜15年前に260近い団体・関係機関があったのが徐々に再編統合が行われ、昨年の9月には「CRデルタ」という名称の1つの組織となった。牛群検定、後代検定、登録業務、情報サービス、人工授精事業が一元化され、計画的かつ効率的な改良事業が推進可能となった。20年前には平均乳量が5,000kgとどん底にあえいでいたオランダは現在世界の53ヵ国に精液等遺伝資源を輸出する国に発展し、酪農先進国のアメリカ、カナダにも市場を広げ、最近ではブラジルの人工授精センターを買収し、世界制覇に乗り出す勢いとなっている。

個体識別システム、再編統合は世界の潮流

 我が国の家畜の個体識別は、登録、牛群検定、家畜共済、子牛不足払い等それぞれの業務ごとに行われており、手間も経費も多大となっている。オランダやデンマークなどEU諸国では個体識別がかなり普及し、衛生・防疫面からも法制化され、2000年までにEU全加盟国がその実施を義務づけられている。この個体識別システムは、家畜に関する各種の情報を1つのコードに統合管理することによって、改良はもとより経営管理面でも効率化が図られコストが軽減されるとともに防疫面でも極めて有効とされている。
 我が国でも平成9年度より事業に着手、13年までに日本に適した個体識別システムを構築することを目指して、現在、関係団体間での合意形成等具体的な取り組みがなされている。
 個体識別は、今や世界の潮流となっており、日本もその流れに乗り遅れないよう早期に実現したいものである。
 また、最近の世界の動きの特徴は、国際競争に打ち勝つために改良コストの低減を図るため、先進諸国において改良組織の再編統合が急ピッチで進められていることである。オランダについては先述したが、カナダでも4つの人工授精事業体が昨夏にはシーメックスカナダに統合された。企業体の多いアメリカにおいても、最近8グループに再編され、さらに6グループに統合される気運にある。

風土に根ざした牛づくり

 乳牛遺伝資源のグローバル化の進展とともに、国内で改良するよりも海外から乳牛精液を輸入すれば良いという意見もある。しかし、遺伝資源を移入するばかりではその国より上を行くことはできず落ち穂拾いになるだけである。現に輸入種雄牛精液によって生産された娘牛の能力と日本で後代検定によって選抜された種雄牛の娘牛能力比較(国の家畜改良センターで昨年の9月より公表開始)では、国産牛が総じて優位であることが実証されている。
 加えて諸外国と日本の気候・風土は決定的に異なるために、日本に合った種雄牛づくりが必要である。国際的視点、舞台を視野に入れたオランダのような気構え、態勢で対応すべきではないかと考える。これまで日本は北米をターゲットに改良を進めてきた。日本は土地条件が欧米に比べて不利であり、だから乳価を高くしなければいけないといういわば宿命ともいえる考えが根強くあった。しかし乳牛改良で世界の最先端を行くオランダも資源小国である。オランダに比べ日本はまだ土地は広く、南北の開きはあるもののオランダにできて日本にできないはずはない。特に改良は高度集約的な技術が要求され、まさに日本が取り組み易い分野といえる。
 また、日本と気候、風土が類似しているアジア各国が日本からの遺伝資源の供給を期待していることを忘れてはならない。
 改良の最終ターゲットは酪農家・畜産農家のコスト低減と所得の向上の2点につきる。厳しい時代に生き残り、国際舞台で打ち勝つためには、資源小国だからこそ関係者は家畜改良の果たす役割に一層の関心を払っていただきたい。
(農畜産業振興事業団発行:畜産の情報,99-2より転載)


次のページへ  目次へ戻る