LIAJメールマガジンバックナンバーのページへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□■■■■□■■□■□□
■◆■月 刊
■■ LIAJメールマガジン           第119号
■                        家畜改良事業団発行
                              
                      http://liaj.lin.gr.jp/
                             2012/01/20
種┃雄┃牛┃情┃報┃
━┛━┛━┛━┛━┛
◇JP5H53848 フリーダム TL TV◇

 2011−2月に選抜され2011−8月の種雄牛評価でNTP第27位
の種雄牛フリーダム(父:フリーランス,母の父:マナット)を紹介します。

 フリーダムの特徴は、非常に乳脂率が高く乳器の改良力に優れている点で
す。前乳房の付着は非常に強く、後乳房の付着も高く、後乳房の幅、底面の
高さなどの改良に期待できます。また、坐骨がやや低く、幅も広いなど望ま
しい尻の形状と言えます。
 得点形質では、乳器は2.0を超え、肢蹄と決定得点でも1.0を超える
など、オールラウンドな体型をフリーダムには期待でき、血液的にアウトク
ロスでどんな系統の雌牛にもおすすめできます。

 多くの方が求める乳脂率と乳器とアウトクロス、これにフリーダムはお応
えします。ぜひご利用下さい。


◆P黒647 美津照重◆

 昨年12月16日に開催された「平成23年度八戸農協和牛枝肉勉強会」
(東京食肉市場)において美津照重×第2平茂勝×茂勝の血統の去勢牛が最
優秀賞に輝きました。
枝肉重量575kg、格付A5、ロース芯面積64平方cm、
バラの厚さ8.3cm 皮下2.7cm BMS11

 また、今年に入って1月14日に十勝枝肉市場に上場された、美津照重×
北仁の血統の去勢牛が枝肉重量504kg、ロース芯面積80平方cm、バ
ラの厚さ8.0cm BMS10の好成績でした。

 美津照重は平成20年に間接検定を終了し、これから本格的に産子の枝肉
市場への上場が見込まれる「17間検」の種雄牛です。美津照×美津福の血
統構成を持ち、同期選抜の茂花国、安福重、金福晴などとともに活躍が期待
されています。


体┃外┃受┃精┃卵┃情┃報┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
◆第27回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会にて2題発表します。◇

 来る1月26〜27日岐阜県高山市において、第27回東日本家畜受精卵
移植技術研究会大会が開催されます。家畜改良事業団からは一般講演に下記
のとおり2題の研究報告をします。

【「モ4号」を用いた経産牛への体外受精胚移植が受胎性に及ぼす影響につ
いて】                前橋種雄牛センター 鬼頭武資
受精卵移植器「モ4号」の経産牛への利用について移植成績等を報告します。

【ウシ体外受精胚の透明帯への穿孔が移植後の受胎におよぼす効果について】
                   家畜バイテクセンター 小出章子
マイクロマニピュレーターを使用しないアシストハッチングの新しい手法の
効果について概要を報告します。

 研究会の詳細は下記をご覧ください。また、上述の2題についてご希望の
方には研究会終了後講演要旨をお送りします。

研究会の情報
http://www.takayama-cb.jp/convention/111427142927.html


牛┃群┃検┃定┃関┃係┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
◇牛群検定研修会をサポ−トしています!◇

 LIAJNewsに平成21年3月から連載中の「新しい牛群検定成績表
について」は、足かけ3年すでに17回を数えています。最近では、この記
事を使った研修会を行いたいとの申し出も多いことから、本稿で使用してい
る全ての図表をパワーポイント形式で無料配信しています。どうぞ、次のア
ドレスに使用目的と希望号数を記入のうえお申し出下さい。もちろん、全て
の図表を希望されても結構です。 toiawase@liaj.or.jp

 新しい牛群検定成績表について バックナンバー紹介
 記事の詳細は、http://liaj.lin.gr.jp/japanese/kentei/kentei.html
  その1 概 略
  その2 暑熱対策での検定成績の利用
      (マネジメントモニタと標準乳量)
 その3 個体検定日成績での乳量の見方(泌乳曲線と標準乳量)
  その4 標準乳量についてのQ&A
  その5 頭数と繁殖成績の見方(牛群構成と分娩間隔)
  その6 新しい検定システムおよび検定成績表の変更(1)
      (牛個体識別番号との連携と新しい除籍理由)
  その7 新しい検定システムおよび検定成績表の変更(2)
      (検定日乳量階層と発情・疾病での減乳)
  その8 体細胞情報について(1) 
  その9 体細胞情報について(2)    その10牛群管理(飼養管理)の目標にあわせた
      乳用種雄牛の選び方と牛群検定情報の利用(1)
  その11牛群管理(飼養管理)の目標にあわせた
      乳用種雄牛の選び方と牛群検定情報の利用(2)
  その12検定成績表の変更について
      (分娩予定日、飼養搾乳形態、管理状況、品種)
  その13繁殖台帳Webシステムについて
  その14乳牛の健康管理(1)(乳脂肪率と蛋白質率)
  その15育成牛のPA表示、BCS管理など
  その16乳牛の健康管理(2)(MUN、P/F比、周産期病)
  その17繁殖遅延による経済損失(JMRの利用)
  関連1 あなたのボディコンディション(BCS)は適切か?
  関連2 検定情報サマリ−(終了通知)を活用しよう!
  関連3 牛群改良情報のつかい方
  関連4 検定成績集計表の発行について

 また、他にもご必要とする資料がございましたらご相談下さい。できる限
り協力いたします。


遺┃伝┃子┃の┃は┃な┃し┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
◆豚の親子判定のご紹介(その2)◇

 混合精液を用いた人工授精や複数回の人工授精による同腹産子の父豚を特
定することが出来ます。この技術を利用して同一発情期内での授精適期を探
る試みもされています。授精適期を的確に判定できれば、授精時期の是正や
交配・授精回数の削減により、生産性・経済性の向上が期待されます。

 ご興味のある方は、以下のURLの左側メニューから、
「親子判定」>「豚の親子判定」をご覧ください。
http://liaj.or.jp/giken/kensabu/1ka/main.htm


事┃業┃関┃係┃
━┛━┛━┛━┛
◇22後検調整交配前期(乳牛)◇

 22後検(前期)の調整交配期間中です。より早く正確な育種価評価が行
えるよう、牛群検定参加農家の方のご協力をよろしくお願いいたします。


◆20現検(後期)枝肉調査中(和牛)◆

 20年度後期候補種雄牛の現場後代検定調査牛の枝肉調査が各地で実施中
です。今後、平成24年4月末までに全国各地で調査牛の枝肉調査を実施い
たします。
 種雄牛別の検定成績については、逐次HPで公開しますのでご期待下さい。
http://liaj.lin.gr.jp/japanese/newbeef/20genkenr/20genkenrindex.html


お┃知┃ら┃せ┃
━┛━┛━┛━┛
◆岡山種雄牛センター主催和牛改良講演会◆

 平成24年2月27日(月)津山文化センター(岡山県津山市)で岡山種
雄牛センター主催、和牛改良講演会を開催致します。
 講師として、JA全農ミートフーズ株式会社営業部市場課生産技術主管の
寺島豊明先生をお迎えし、「俵牛づくりに挑戦しよう」と題してご講演いた
だきます。

 申し込みは2月17日(金)までにお願いします。詳しくは岡山種雄牛セ
ンターのホームページをご確認ください。
http://liaj.or.jp/okayama/


◆盛岡種雄牛センター主催和牛講演会及び種雄牛展示会◆

 平成24年3月13日(火)ホテル紫苑(岩手県盛岡市)及び盛岡種雄牛
センターで、盛岡種雄牛センター主催、和牛講演会及び種雄牛展示会を開催
致します。
 講師として家畜改良センター十勝牧場場長の鈴木稔先生(演題「家畜改良
センターおける種雄牛造成と最近の選抜牛の動向について」)と岩手県の和
牛繁殖農家・嶋野千春先生(演題「我が家の繁殖経営.. .牛達はいま」)
のお2人にご講演いただきます。

 申し込み方法等は、盛岡種雄牛センターのホームページに近日掲載いたし
ます。
http://liaj.or.jp/morioka/


◆学会関係の展示について◇

 以下の研究会等が近く開催されますが、当事業団でもブースを出展いたし
ます。色々な情報を提供させて頂きますので、ご出席の節には、是非お立ち
寄り下さい。

 第27回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会 1月26日〜27日
  会場:ひだホテルプラザ(岐阜県高山市)
  主催:東日本家畜受精卵移植技術研究会

 平成23年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(北海道)2月3日〜5日
  会場:札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)
  主催:(社)日本獣医師会ほか
  http://nichiju.lin.gr.jp/index.php
  http://jvma2012.umin.jp/

 第40回家畜人工授精優良技術発表全国大会 2月15日
  会場:ヤクルトホール(東京)
  主催:(社)日本家畜人工授精師協会
  発表:11題
  特別講演:「牛受胎率向上のための栄養管理の要点」
              木田 克弥 氏(帯広畜産大学教授)
  ※大会の模様については当団機関紙「LIAJ News」に掲載する
   予定です。


◇お詫びと訂正◇

 先月のこの「お知らせ」コーナーに掲載した「共進会での当団種雄牛の娘
牛の活躍」の記事中、秋田県畜産共進会の開催月日を間違って掲載してしま
いました。正しくは9月3日です。
 関係の皆様にご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫びいたします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
             ガンバロウ、畜産!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

┏┓┏┳━┓┏┓発行元:社団法人 家畜改良事業団
┃┃┃┃┃┃┃┃サイト:<http://liaj.lin.gr.jp/>
┃┗┫┃ ┣┛┃メール:<webmaster@liaj.or.jp>
┗━┻┻┻┻━┛電話(代表):03-3561-8151

★万一、当メールがご迷惑をおかけしている場合や連絡先等の変更などがあ
る場合は、大変お手数ですが折り返し下記アドレスまでご連絡下さい。
<webmaster@liaj.or.jp>

★このメールマガジンにはファイルは添付されていません。

※配信時には日付が誤記されていました。大変失礼いたしました。


LIAJメールマガジンバックナンバーのページへ