種類と価格

この価格は令和5年4月1日から適用いたします。(消費税は含みません)

(1)凍結体外受精卵/新鮮体外受精卵(子牛登記はできません)

 ①通常精液

交配種雄牛 種雄牛のみ判明 MGS+ MGS+が「安福久」
福之姫 18,000円 18,000円 23,000円
福勝鶴 18,000円 18,000円 23,000円

 

 ②Sort90Y(産み分け用性選別精液(Sort90Y)を用いて生産した体外受精卵)

交配種雄牛 種雄牛のみ判明 MGS+ MGS+が「安福久」
福之鶴 20,000円 20,000円 25,000円
千寿剣 20,000円 20,000円 25,000円
福勝鶴 20,000円 20,000円 25,000円
愛之国 20,000円 20,000円 25,000円
茂晴花 20,000円 20,000円 25,000円
幸忠栄 20,000円 20,000円 25,000円
美津金幸 20,000円 20,000円 25,000円
秋忠平 20,000円 20,000円 25,000円

 

1)種雄牛名が赤字のものは、新鮮卵も対応しています。新鮮卵輸送計画表をご覧ください。 なお、新鮮卵の価格は凍結卵と同様でそれぞれ上記のとおりです。

2)「種雄牛のみ判明」とは、効率よく体外受精卵の発生・培養を行い、安価にご利用いただくため、複数の雌牛由来の卵子をひとまとめにして培養した体外受精卵です。卵子を採取した雌牛個々の区別はできませんが、体外受精に供し種雄牛名号は明らかです。
生まれた子牛は、子牛登記の対象にはなりませんが、牛の個体識別台帳には「黒毛和種」と記入できます。
なお、卵子採取雌牛のすべてが黒毛和種であることの確認は、次の手順で行っています。

  1. 雌牛に装着された耳標番号により個体識別情報を検索し、品種が黒毛和種であることを確認します。
  2. 雌牛が携行した子牛登記書等の品種を確認するとともに、個体識別番号が一致することを確認します。
  3. 上記1、2の作業は食肉市場等関係機関の協力を得て行っています。
    【注】確認内容の詳細は個人情報に関する内容を含んでおりますので、公開していません。

3)「MGS+」とは、母の父が判明している体外受精卵です。上記の他と同様、生まれた子牛の子牛登記はできません。

また、生産個数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もあります。

4)上記の示した以外の交配種雄牛については、ご相談ください。

5)体外受精卵のご注文・お問い合わせは、当センター(新鮮)またはお近くの種雄牛センター(新鮮・凍結)までお願いします。

 

(2)受託生産による登記可能体外受精卵の種類と価格

交配種雄牛 体外受精卵の種類
性未判別 Sort90
当団供用種雄牛を交配 30,000円 33,000円
持込精液を交配 30,000円

 

1)生まれた子牛の登記が可能な体外受精卵で、生産者(対象となる雌牛の飼養者)からの委託を受けて生産します。
体外受精卵の生産には、事前に(公社)全国和牛登録協会支部の承認を得る必要があります。
受精卵の生産を希望される方は「体外受精卵委託生産案内」のページをご覧ください。

2)「性未判別」とは、性の判別がされていない体外受精卵です。生産された体外受精卵の性判別は行っておりません。

3)「Sort90」とは、産み分け用性選別精液(Sort90YまたはSort90X)を使用している体外受精卵です。

ホルスタイン種

(1)受託生産による登録可能乳用種体外受精卵の種類と価格

当団供用種雄牛を交配 30,000円
持込精液を交配 30,000円

 

・子牛の血統登録が可能な体外受精卵です。卵子を提供する母牛は血統登録牛であることが条件です。
受精卵の生産を希望される方は、事前に「「体外受精卵受託生産案内」のページをご覧ください。

 

(2)種雄牛のみ判明の乳用種体外受精卵の価格

産み分け用選別精液Sort90Xによる体外受精卵

当団種雄牛を交配 12,000円

 

・「種雄牛のみ判明」とは、効率よく体外受精卵の発生・培養を行い、安価にご利用いただくため、複数の雌牛由来の卵子をひとまとめにして培養した体外受精卵です。卵子を採取した雌牛個々の区別はできませんが、体外受精に供し種雄牛名号は明らかです。
生まれた子牛は、血統登録の対象になりませんが、牛の個体識別台帳には「ホルスタイン種」と記入できます。

 

交雑種体外受精卵について
現在、当団では交雑種体外受精卵の生産は行っておりません。
委託生産の受精卵を取り扱っています。
詳しくは、お近くの種雄牛センターまでお問い合わせください。

(1)体外受精卵の移植をされる皆様へ

体外受精卵産子は、時に過大な産子が生まれることが知られています。分娩が遅延するとその可能性が高まることが予想されますので、ご注意をお願いいたします。
体外受精卵の移植をされた場合は、必ず分娩予定日をご確認ください。(Excelファイル)
分娩予定日が近づいても分娩兆候がみられないことや、微弱で1週間以上も分娩が遅延することがあります。
分娩遅延になると、胎児が大きくなりすぎて(いわゆる過大産子となって)難産を招く可能性が高くなります。
畜主の皆様は、分娩遅延にならないよう受卵牛の状況と分娩予定日を把握していただくようにお願いいたします。
分娩予定日が近づいても分娩兆候が見られない時は、誘起分娩の対処が必要なこともありますので、担当獣医師によくご相談ください。

(2)「Sort90体外受精卵」について

産み分け用選別精液による体外受精卵は、XまたはYいずれか望む染色体を有する精子を90%の正確度で分取した精液を用いて生産されたものです。従って、雄または雌子牛の生産を100%保証するものではありません。
(一社)家畜改良事業団が生産・供給する産み分け用選別精液による体外受精卵を利用され、希望の性の産子が生産されない場合であっても、当団は産子への補償、移植料金ならびに受精卵代金等の費用の弁済はいたしません。

  1. この価格は、令和5年4月1日から適用します。
  2. 表示価格には、消費税は含まれておりません。
  3. ストロー印字について
    産み分け用選別精液Sort90体外受精卵のストローには、下図のように「Sort90Y」(または「Sort90X」)と印字します。                                     ※なお、乳用種体外受精卵では(R)の印字はありません。
  4. 融解方法について
    凍結体外受精卵の融解方法を解説しております。